育毛剤と薬事法

育毛剤と薬事法

育毛剤と薬事法

 

チャップアップは店頭で買えず、公式サイトや楽天などのネットで買える育毛剤が薬事法に違反するかどうかという問題は、ずいぶん前から色々と取り沙汰されています。育毛剤の効果の表れ方は人それぞれであり、また、発毛剤ではなく育毛剤であるため、髪を育てる、という意味では決して誇大広告に当たるものでもないでしょう。「チャップアップ」に関しても、厚生労働省認可というのは、厚生労働省が発毛効果を認めたという意味ではなく、医薬部外品の製品として発売を許可しているという意味で、これが薬事法違反となると、市販されている多くの育毛剤は違反ということになってしまいます。もちろん、製品に関して嘘の記載や成分の表示に誤りがあれば問題ですが、そういった製品ならば販売は認められていないでしょう。
また、一ヶ月使用して効果がなければ全額返金します、という返金保証については、そもそも育毛剤を一ヶ月使用しただけで効果を実感することは難しく、長く続けてこそ効果を感じられるものなので、実際には、製品が自分に合わなかった、満足できない、というのが主な返金の理由になるでしょう。実際、公式ページでも最低3ヶ月の使用を勧めています。「効果」の捉え方は人それぞれであり、髪の悩みを抱えている人にとってみれば、少しでも効果があるのなら試してみたい、というのも本音かもしれません。