フィナステリドの副作用の1つとなっている性欲減退

チャップアップと脱毛症の関係について

 

男性型脱毛症に対して高い効果が知られているAGA治療薬にフィナステリドがあります。フィナステリドは、もともとは男性型脱毛症の症状とは関係のない、前立腺肥大症や前立腺がんに用いれていた治療薬でしたが、男性型の脱毛症に有効であるとのことからAGA治療薬に用いられた経緯があります。
フィナステリドには、いくつかの副作用が知られていますが、その中に性欲減退があります。性欲減退とともに勃起障害や精子の減少などの報告もなされており、事前にその内容を把握してから使用をすることが大切になります。まず、起こる確率としては性欲減退で1.8%、勃起機能の低下で1.3%、精子の減少で1.1%となっており、数字は極めて小さなものになっています。このことからも分かるように、副作用としての性欲減退はほとんど認められておらず、確率的には100人中2人も存在しないことになります。それは、非常に発症確率が低いことを意味し、あまり気にする必要がないことになります。勃起不全に関しても、同様に低い数値となっており、それは性欲減退よりも更に発症確率が小さなものとなっています。また、精子の減少においても、同様に小さな数値になっていますが、AGAの治療薬では男性ホルモンを抑制する効果があるために精子が減少を起こすことになります。但し、この場合には減少するのは精子の数ではなく、精液の量が減少することを理解しておく必要があります。精液は減少をしますが、1mgあたりの精子の量はほとんど変わることがなく、報告されている数値を考慮しても、あまり心配する必要がないということが言えます。もし、心配の場合には、一旦使用を中止することも1つの方法となり、少し時間をおいてから使用することもできます。
フィナステリドだけでなく、副作用に関しては数字で表わされることも多く、そのために、稀に起こる症状に関しても神経質になることがあります。それは、チャップアップを楽天で購入しても同様で、心配症の人などは結果的には精神的に悪い影響を与えることにもつながる可能性があるために、良く考えてから判断をする必要があります。