フィナステリドとうつの関係性について

最近は薄毛の治療薬が多数処方されるようになりました。理由としては、薄毛のメカニズムがある程度判明してきたことが理由として考えられます。薄毛の治療薬を服用することによって、これまで髪の毛の成長が途中で止まっていた状態を改善させることによって、再び髪の毛の成長を促すことができるようになります。効果は個人差がありますが、人によってはかなり毛髪が生えてきたという人もいますし、中には抜け毛が減ったという現状維持の状態になったという人もいます。

 

薄毛の治療薬として有名な薬としては、フィナステリドという薬を挙げることができます。このフィナステリドには、薄毛の原因とされる酵素の働きを弱める効果があり、薄毛の進行を止めることができます。もともとは前立腺肥大症に用いられた薬であり、現在薄毛にも効果的であるということがわかってきています。ただし、フィナステリドが効果をもたらすのは、AGAと呼ばれる薄毛に対してであり、そのほかのタイプの薄毛には効果がないということになりますから注意が必要になってきます。また、フィナステリドは薬である以上、副作用もまったくないというわけではありません。

 

チャップアップは副作用はありません。これまでフィナステリドについては、それほど重篤な副作用があったという報告は少ないですが、何か異変に気づいたときには服用を中止した方がよいといえるでしょう。例えば、フィナステリドの副作用の一つとして、抑うつ症状といものがあるとされています。抑うつ症状については、それが薬の影響かどうかを調べることは難しいですから、もし、うつの自覚症状がある場合は、まずは医師に相談してみる必要があるでしょう。なぜ、フィナステリドを服用すると抑うつ症状が発生するのかということについては、現在まだよくわかっていません。ただ、フィナステリドの場合、男性ホルモンの一部の生産量を抑制することになるので、そういったホルモンの減少が少なからず関係しているのではないかと考えられます。