フィナステリドの性欲減退の副作用について

AGAの特徴

男性の薄毛の多くの人はAGAと呼ばれる薄毛であるといわれています。このAGAの特徴としては、主に頭頂部や前髪の生え際辺りから、徐々に薄毛が進行していくという特徴があります。なぜ、薄毛が進行していくのかというと、男性の体内にある酵素が人によっては、髪の毛の成長をストップさせてしまうからであるということが考えられています。髪の毛の成長が途中で止まってしまって、栄養が行き届かなくなれば、徐々に髪の毛は薄くなっていってしまいます。こうした状態は、最近では薬を服用することによって、改善させることが可能になってきています。

 

そこで、多くのAGAの薄毛の人が用いているAGA治療薬としては、フィナステリドという薬を挙げることができます。このフィナステリドは、AGAの原因とされる酵素の働きを弱めることができるので、髪の毛の成長をストップさせないようにすることができるということになります。必ずしもフィナステリドを服用すれば、今までのように髪の毛が完璧に元通りになるかどうかは難しいかもしれませんが、これ以上の薄毛の進行を防ぐことができるようになります。フィナステリドの入手方法としては、最近ではインターネットの通販でも購入することができるようになっています。

 

ただし、フィナステリドは薬ですから、服用には注意が必要になってきます。フィナステリドの主な副作用としては、性欲減退や精子の減少などが考えられています。チャップアップなど副作用がない商品がおすすめです。

 

実際に副作用が起こる可能性としては、わずか数パーセントといわれていますが、自覚症状があると思った場合は、すぐに薬の服用を中断して様子を見た方が良いでしょう。特に性欲減退は、本当に薬の影響かどうかはなかなかわかりにくい面もあります。自分で薬を飲んでいるからという精神的なものも関係があるので、必ずしもフィナステリドが原因とは限らないということがいえます。もしも、不安がある場合は、医師に相談してみて、自分で納得した上で薬を服用するようにすると良いでしょう、