フィナステリドの使用は危険?

男性型脱毛症で使用される事の多い

「チャップアップ」とは、男性型脱毛症で使用される事の多い薬です。商品名としては、「プロペシア」という名前で販売されている事もあります。
フィナステリドが男性型脱毛症に効果があるといわれているのは、原因となっている男性ホルモンを抑制するからです。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が変質した「ジヒドロテストステロン」が毛根細胞に作用して、脱毛が起きてしまいます。フィナステリドには、この作用が起きるのを防止する効果があるといわれています。
薬を使用する際には、危険な副作用もあるという事を知っておく必要があります。フィナステリドの副作用として報告されているものは、いくつかあります。性欲減退や勃起不全といった性機能障害や肝機能障害、うつ病などの精神疾患、蕁麻疹などの皮膚病などがあります。薬の使用を中止してもこれらの症状が改善せず、後遺症が残ってしまったケースも中にはあります。全ての人が副作用を患う訳ではありませんが、身体への影響が出る可能性があるという事を頭に入れておかなければなりません。
また、フィナステリドは妊娠中の女性や胎児にとって危険な薬である事にも注意しましょう。薬の成分が胎児の成長に悪影響を与える恐れがあります。特に、胎児が男児である場合は、生殖器の機能に異常が出る危険性が高くなっています。妊婦が薬に触れてしまうだけでも、薬の成分が吸収されてしまいます。男性の精子に薬の成分が混入されてしまうという報告はありませんが、妊婦がいる家庭や、妊娠を考えている家庭で使用するのは避けた方が良いでしょう。
フィナステリドは薬の性質上、日常的に薬を使用し続けなければなりません。使い始めは何の影響が無くても、使用を続けていく内に不安を覚えてしまうという人もいるでしょう。しかも、薬の効果は体質や遺伝的なものがあるため、必ずしも効果を実感できるというものでもありません。男性型脱毛症で良く使用されている薬だからといって、リスク等を考えずに使用するのは危険であるといえます。